分子整合栄養医学とは

  分子整合栄養医学(分子栄養学)とは、ライナス・ポーリング博士により提唱されたもので、分子生物学を重点において、体内に正常な分子バランスを作りだす医学であるといえます。従来の栄養学は「欠乏の栄養学」と言われており、日本の栄養所要量はビタミン欠乏症にならない程度の量と言われています。例えばビタミンCは壊血病にならない程度の100mgを摂取しましょう、またビタミンDはくる病にならないように魚介類を食べましょう、ということです。

 しかし実際には体格、性別、年齢、吸収力、病気、ストレス、生活環境など個々によって様々であり、ヒトの栄養素必要量はそれぞれ大きく違うはずです。

 これを個体差といい、一日100mgのビタミンCで足りる人もいれば、20g(20000mg)摂らなければ足りない、という人も存在するということです。すなわち、普段の食事では不十分なこともあり、必要に応じてサプリメントの摂取も考慮することが必要となります。

 もちろんサプリメントが主体にならぬよう、食事でしっかりと補えるよう十分栄養素が満たされ、症状が改善されてくれば、普段の食事を通して未然に病気を防いでいくよう心がけていくことが重要となります。

メガビタミン療法における誤解

 分子栄養学ではサプリメントの摂取を勧めることがしばしばあります。その際に従来の栄養学では考えられないような大量であるが故に危険だという人がいらっしゃいますが、実際にその量を摂取すると「薬理効果」といわれる効果を発揮する、それにはその量の摂取が必要とポーリング博士は言いました。この時、ポーリング博士が使用した「メガ」という言葉を「大量の」と訳して、メガビタミン療法はおかしいという説が出ましたが、これは誤訳で「至適量」と訳されるべきだったのです。

ドーズレスポンスとは?

 分子栄養学で重要なキーワードの一つとして「ドーズレスポンス」があります。ドーズとは“量”、レスポンスとは“効果”です。特定の栄養素を摂取した場合、量と効果の関係は正比例を想像しますが、ある一定量にまで達しないと効果はゼロに等しく、至適量に達した時に、驚くほど効果を発揮するという状態です。実際には他の栄養素との働きがリンクしていることや、ストレスなどで消化・吸収力が落ちている場合、環境の変化などで需要量が増減したりします。

星 真里・著 アスリートのための分子栄養学より引用一部改変

PAGE TOP